【乳がん:一次治療】「パージェタ+ハーセプチン+アロマターゼ阻害薬」vs「ハーセプチン+アロマターゼ阻害薬」

HR陽性かつHER2陽性の人がはじめての治療を考える場合、「ハーセプチン+アロマターゼ阻害薬(アリミデックスまたはフェマーラ)±ドセタキセル(またはパクリタキセル)」治療に「パージェタ」の上乗せを選択することで無増悪生存期間の延長が期待できる。

試験において「パージェタ」の上乗せによってグレード3以上の有害事象が38.7%から50.4%に増加した。

【発表】

2018年8月14日

【試験名】

PERTAIN(Phase 2)〔NCT01491737

【原著】

J Clin Oncol. 2018 ;36:2826-2835.  [PMID: 30106636]

【外部リンク】