【EGFR陽性肺がん:術後治療】「タルセバ」vs「シスプラチン+ビノレルビン」

ステージⅢAでEGFR変異陽性の人が、術後の治療を考える場合、「タルセバ」治療を選択することで、「シスプラチンビノレルビン」治療を選択した場合に比べて2年無病生存率の向上が期待できる。中国における試験結果。

タルセバ」治療を受けた12%の人が、「シスプラチンビノレルビン」治療を受けた26%の人がグレード3以上の有害事象を経験した。「タルセバ」治療の主な有害事象は皮疹(4%)、「シスプラチンビノレルビン」治療の主な有害事象は好中球数減少(16%)、骨髄抑制(9%)。

【発表】

2018年8月24日

【試験名】

EVAN(Phase 2)〔NCT01683175

【原著】

Lancet Respir Med. 2018 Aug 24. [PMID: 30150014]