【EGFR陽性肺がん(脳転移あり):一次治療】「タグリッソ」vs「イレッサ(またはタルセバ)」

EGFR陽性の人で中枢神経に転移が認められた人が初めての治療を考える場合、「タグリッソ」単独治療を選択することで「イレッサ(またはタルセバ)」単独治療を選択した場合に比べ、中枢神経転移巣の無増悪生存期間の延長が期待できる。

【発表】

2018年8月28日

【試験名】

FLAURA(Phase 3)〔NCT02296125

【原著】

J Clin Oncol. 2018 Aug 28. [PMID: 30153097]

【内部リンク】

【外部リンク】