【濾胞性リンパ腫:一次治療】「リツキサン+レブラミド」vs「リツキサン+化学療法」

初めての治療を考える場合、「リツキサンレブラミド」治療を選択しても「リツキサン+化学療法」治療と同程度の3年無増悪生存率が期待できる。

リツキサン+化学療法」は、次のうちから医師/患者が選択。

3年生存率はいずれの治療を選択した場合も94%。

リツキサンレブラミド」治療を選択することでグレード3または4の有害事象の軽減が期待できる。試験では「リツキサンレブラミド」治療を受けた人のうち32%(vs 50%)がグレード3または4の有害事象を経験した。発熱性好中球減少症は2%(vs 7%)の人が経験。グレード3または4の注射部位反応は「リツキサンレブラミド」治療を受けた人で多く経験していた(7% vs 1%)。

【発表】

2018年9月6日

【試験名】

RELEVANCE(Phase 3)〔NCT01476787, NCT01650701

【原著】

N Engl J Med 2018; 379:934-947.

【外部リンク】