【肺がん:術後治療】「S-1」vs「S-1+シスプラチン」

ステージⅡ-ⅢAの人が、術後の治療を考える場合、「S-1」経口単独治療も「S-1シスプラチン」治療も有効な治療法である。

S-1」経口単独治療の主なグレード3または4の有害事象は、食欲減退(4.3% vs 11.6%)、貧血(0% vs 5.8%)。

【発表】

2018年8月19日

【試験】

Phase 2

【原著】

Lung Cancer. 2018 ;124:255-259. [PMID: 30268470]