【筋層非浸潤膀胱がん】「セレコックス+標準治療」vs「標準治療」

転移が確認された筋層非浸潤の人は、「標準治療」にCOX-2阻害薬「セレコックス」の上乗せを選択しても3年無再発率の向上は期待しにくい。

標準治療は中等度リスクの場合、毎週6回の「マイトマイシン」静注、高リスクの場合、BCG膀胱内注入療法が推奨された。

【発表】

2018年9月29日

【試験名】

BOXIT (CRUK/07/004)(Phase 3)〔ISRCTN84681538

【原著】

Eur Urol. 2018 Sep 29. [PMID: 30279015]