【前立腺がん:一次治療】「標準治療+放射線療法」vs「標準治療」

転移が確認された人が初めての治療を考える場合、標準治療に「放射線療法」の上乗せを選択しても、3年生存率の向上は期待しにくい〔HR 0.92, 95% CI 0.80–1.06; p=0.266〕。

転移量の少ない人(内臓転移もしくは骨転移4ヵ所以下または脊椎/骨盤外転移なし)では「標準治療+放射線療法」治療を選択することで生存期間の延長が期待できる。

標準治療は長期のアンドロゲン除去療法および「ドセタキセル」投与。

【発表】

2018年10月18日

【試験名】

STAMPEDE(Phase 3)〔NCT00268476

【原著】

Lancet. 2018 Oct 18. [PMID: 30355464]

【外部リンク】