【ALK陽性肺がん】ローブレナ

ALK融合遺伝子陽性の人は、「ローブレナ」治療を選択することで、奏功が期待できる。

ローブレナ」治療に関連した主な有害事象(発現率はグレード3または4)は、高コレステロール血症(16%)、高トリグリセリド血症(16%)。

【発表】

2018年11月6日

【試験】

Phase 2〔NCT01970865

【原著】

Lancet Oncol. 2018 Nov 6. [PMID: 30413378]

【外部リンク】