【HPV陽性中咽頭がん】「アービタックス+放射線療法」vs「シスプラチン+放射線療法」

HPV陽性の人が「化学放射線療法」を考える場合、「シスプラチン」の代わりに「アービタックス」を選択した場合、5年生存率は低下する。

急性毒性(中等度〜重度)を「アービタックス+放射線療法」治療を受けた人の77.4%が経験し、「シスプラチン+放射線療法」治療を受けた人の81.7%が経験した(p=0.1586)。遅発性毒性(中等度〜重度)を「アービタックス+放射線療法」治療を受けた人の16.5%が経験し、「シスプラチン+放射線療法」治療を受けた人の20.4%が経験した(p=0.1904)。

【発表】

2018年11月15日

【試験名】

RTOG 1016(Phase 3)〔NCT01302834

【原著】

Lancet. 2018 Nov 15. [PMID: 30449625]

【外部リンク】