【BRAF陰性悪性黒色腫:一次治療(3年OS)】「オプジーボ」vs「ダカルバジン」

BRAF遺伝子変異野生型の人が初めての治療を考える場合、「オプジーボ」治療を選択することで、生存期間の延長が期待できる。

オプジーボ」治療を受けた人の51.2%が3年後も生存していた。「ダカルバジン」治療を受けた人は21.6%が生存していた。

オプジーボ」治療を受けた人の15.0%がグレード3または4の治療関連有害事象を経験した。「ダカルバジン」治療を受けた人は17.6%が経験した。

【発表】

2018年10月25日

【試験名】

CheckMate-066(Phase 3)〔NCT01721772

【原著】

JAMA Oncol. 2018 Oct 25. [PMID:30422243]

【内部リンク】