【肺がん:一次治療】「キイトルーダ+カルボプラチン+パクリタキセル」vs「キイトルーダ+カルボプラチン+アリムタ」「キイトルーダ+アバスチン+カルボプラチン+パクリタキセル」

初回治療において、各種化学療法に「キイトルーダ」を併用することで48〜75%の奏効率が得られた。

グレード3または4の有害事象は、「キイトルーダカルボプラチンパクリタキセル」治療を受けた人の40%、「キイトルーダアバスチンカルボプラチンパクリタキセル」治療を受けた人の42%、「キイトルーダカルボプラチンアリムタ」治療を受けた人の46%が経験した。

【発表】

2018年8月25日

【試験名】

KEYNOTE-021(Phase 2)〔NCT02039674

【原著】

Lung Cancer. 2018;125:273-281. [PMID: 30429032]