【頭頸部がん:二次治療】「キイトルーダ」vs「標準治療」

プラチナ製剤を含む化学療法後3-6ヵ月間に増悪した頭頸部扁平上皮がんの人が次の治療を考える場合、「キイトルーダ」治療を選択することで、生存期間の延長が期待できる。

グレード3以上の治療関連有害事象は、「キイトルーダ」治療を受けた人の方が少なかった(13% vs 36%)。「キイトルーダ」治療を受けた人の主な治療関連有害事象は甲状腺機能低下症(13%)、標準治療を受けた人の主な治療関連有害事象は倦怠感(18%)。

【発表】

2018年11月30日

【試験名】

KEYNOTE-040(Phase3)〔NCT02252042

【原著】

Lancet. 2018 Nov 30. [PMID: 30509740]

【外部リンク】