【乳がん:術後治療】「ホルモン療法(5年)→フェマーラ(5年)」vs「ホルモン療法(5年)」

HR陽性の人が手術後の補助療法として5年間の「タモキシフェンまたはアロマターゼ阻害薬」治療終了後、さらにアロマターゼ阻害薬「フェマーラ」による5年間の追加投与を選択しても、7年無病生存率、7年生存率の向上は期待しにくい。

主なグレード3の有害事象は関節痛(2% vs 3%)、背部痛(2% vs 2%)。主なグレード4の有害事象は尿路感染症、低カリウム血症、左室機能障害(いずれも1%未満)。

【発表】

2018年11月30日

【試験名】

NSABP B-42(Phase 3)〔NCT00382070

【原著】

Lancet Oncol. 2018 Nov 30. [PMID: 30509771]

【外部リンク】