【KRAS野生型大腸がん:二次治療】「スチバーガ→アービタックス」vs「アービタックス→スチバーガ」

KRAS野生型で、フルオロピリミジン、エルプラットイリノテカン治療を受けたことがある人が今後の治療の順番を考える場合、「スチバーガの後にアービタックス」を選択をすることで生存期間の延長が期待できる。

日本で実施されたPhase2試験の結果。

【発表】

2018年12月3日

【試験名】

REVERCE(Phase 2)

【原著】

Ann Oncol. 2018 Dec 3. [PMID: 30508156]

【外部リンク】