【限局性前立腺がん(23年後)】「手術」vs「経過観察」

限局性の場合、「根治的前立腺全摘除術」を選択することで、23年後の死亡リスク、前立腺がん死リスク、遠隔転移リスクの減少が期待できる。

試験では23 年の時点で、「根治的前立腺全摘除術」により、平均 2.9 年の余命が獲得された。

【発表】

2018年12月13日

【試験名】

SPCG-4

【原著】

N Engl J Med 2018; 379:2319-2329. [PMID: 30575473]

【内部リンク】

【外部リンク】