【大腸がん:一次治療】「FOLFOXIRI+アバスチン」vs「FOLFOX+アバスチン」

初めての治療を考える場合、「FOLFOXIRIアバスチン」を選択することで無増悪生存期間の延長が期待できる。

肝切除率は「FOLFOXIRIアバスチン」治療を受けた人で17.2%、「FOLFOXアバスチンFOLFIRIアバスチン」交互治療を受けた人で9.8%、「FOLFOXアバスチン」治療を受けた人で8.4%。

FOLFOXIRIアバスチン」治療を受けた人で91.2%、「FOLFOXアバスチンFOLFIRIアバスチン」交互治療を受けた人で86.7%、「FOLFOXアバスチン」治療を受けた人で85.6%の人がグレード3以上の治療関連有害事象を経験した。

【発表】

2018年12月14日

【試験名】

STEAM(Phase 2)〔NCT01765582

【原著】

Oncologist. 2018 Dec 14. [PMID: 30552157]

【外部リンク】