【胃がん:一次治療】「サイラムザ+化学療法」vs「化学療法」

初めて治療を考える場合、「ゼローダ(または5-FU)+シスプラチン」治療に「サイラムザ」の上乗せを選択することで無増悪生存期間の延長は期待できるが、生存期間の延長は期待しにくい。

サイラムザ+化学療法」治療の主なグレード3または4の有害事象は、好中球減少症(26% vs 27%)、貧血(12% vs 14%)。

本試験結果は、2018年1月18日から20日まで米サンフランシスコで開催された「ASCO GI 2018」にて発表された。また、それに先駆けて、2017年12月15日、本試験結果のプレスリリースがイーライリリー社より発表され、そこで規制当局への承認申請を行わないことも発表している。

【発表】

2019年2月1日

【試験名】

RAINFALL(Phase 3)〔NCT02314117

【原著】

Lancet Oncol. 2019 ;20:420-435. [PMID: 30718072]

【外部リンク】