【末梢性T細胞リンパ腫:再発・難治例】「アリセルチブ」vs「主治医による選択」

再発・難治性の人が次の治療を考える場合、オーロラキナーゼ阻害薬「アリセルチブ」治療を選択しても、奏効率の向上、無増悪生存期間の延長は期待しにくい。この試験における2年生存率は、どちらの治療も35%。

アリセルチブ」治療による主な有害事象は、貧血(53%  vs 34%)、好中球減少症(47% vs 31%)。

2015年5月13日に本試験の中止が発表された。

【発表】

2019年2月1日

【試験名】

Lumiere(Phase 3)

【原著】

J Clin Oncol. 2019 Feb 1. [PMID: 30707661]