【HER2陽性、PD-L1陽性:二次治療】キイトルーダ

HER2陽性、PD-L1陽性の人が「ハーセプチン」治療後に病勢が進行した後に、「キイトルーダ」治療を受けた結果、15%の人で腫瘍が縮小。PD-L1陰性の人では誰も奏効しなかった。

キイトルーダ」治療の主な有害事象(グレード1以上)は倦怠感(21%)。グレード3以上の有害事象は50%の人が経験した。治療に関連した有害事象を経験した人は29%。

【発表】

2019年2月11日

【試験名】

PANACEA/IBCSG 45-13/BIG 4-13/KEYNOTE-014(phase 2 )〔NCT02129556

【原著】

Lancet Oncol. 2019 Feb 11. [PMID: 30765258]

【外部リンク】