【肺がん:二次治療(日本人)】「S-1」vs「ドセタキセル」

1ライン以上のプラチナ製剤を含む化学療法を受けたことがある人が次の治療を考える場合、日本人でも「S-1」単独治療を選択することで「ドセタキセル」単独治療を選択した場合に劣らない生存期間が期待できる。

【発表】

2019年3月4日

【試験】

EAST-LC(Phase 3)〔JapicCTI-101155

【原著】

Int J Clin Oncol. 2019 Mar 4. [PMID: 30830659]

【内部リンク】