【結腸がん:術後治療(DFS)】「ゼローダ6ヵ月」vs「ゼローダ12ヵ月」

術後の補助化学療法として「ゼローダ」単剤治療を考える場合、「12ヵ月」の治療を選択しても「6ヵ月」の治療に比べて無病生存率の向上は期待しにくい。

5年生存率は「12ヵ月」治療を選択することによって、83.2%から87.6%に向上(HR 0.727; 90% CI:0.575-0.919, p=0.0124)。

【発表】

2019 年3月5日

【試験名】

JFMC37-0801 (Phase 3)〔UMIN000001367

【原著】

Br J Cancer. 2019 Mar 5. [PMID:30833647]

【内部リンク】