【ER陽性乳がん:一次治療】「パクリタキセル+カピバセルチブ」vs「パクリタキセル」

HER2陰性、ER陽性の人が初めての治療を考える場合、「パクリタキセル」治療にAKT阻害薬「カピバセルチブ」の上乗せを選択しても、無増悪生存期間の延長は期待しにくい。

パクリタキセルカピバセルチブ」併用療法の主なグレード3以上の有害事象は、下痢、高血糖、好中球減少、黄斑疹。

【発表】

2019年3月12日

【試験名】

BEECH(Phase 2)

【原著】

Ann Oncol. 2019 Mar 12.  [PMID: 30860570]