【肺がん:二次治療】「ドセタキセル」vs「緩和ケア」

「プラチナダブレット」治療を受けたことがある人でも「ドセタキセル」単独治療を選択することで、生存期間の延長が期待できる。

グレード3以上の非血液毒性の発現率は、下痢を除けば「ドセタキセル」も「緩和ケア」と差はない。

【発表】

2000年5月

【試験名】

TAX317

【原著】

J Clin Oncol. 2000;18:2095-103.