【腎細胞がん(日本人):二次治療】「オプジーボ」vs「アフィニトール」

日本人で1〜2ラインの治療を受けた人が「オプジーボ」治療を受けた場合の生存期間は45.9ヵ月であった。他の国も含めた全集団の生存期間は 25.8ヵ月。日本人では「アフィニトール」治療を受けた人の生存期間も良好。

日本人における「オプジーボ」治療の奏効率は43%で「アフィニトール」治療の8%に比べ、有意に高い。他の国も含めた全集団の奏効率は26%。

【発表】

2019年4月3日

【試験名】

CheckMate 025(Phase 3)〔NCT01668784

【原著】

Jpn J Clin Oncol. 2019 Apr 3. [PMID:30941424]

【内部リンク】