【肝細胞がん:二次治療】「ナノ粒子化ドキソルビシン」vs「標準治療」

ネクサバール」を含む全身療法を受けたことがある人が次の治療を考える場合、「ナノ粒子化ドキソルビシン」治療を選択しても生存期間の延長は期待しにくい。

「ナノ粒子化ドキソルビシン」治療の主なグレード3または4の治療関連有害事象は、好中球減少症(10% vs 6%)、無力症(2% vs 3%)、血小板減少症(1% vs 7%)。

【発表】

2019年4月3日

【試験名】

RELIVE(Phase 3)〔NCT01655693

【原著】

Lancet Gastroenterol Hepatol. 2019 Apr 3. [PMID: 30954567]

【外部リンク】