【転移数が1〜5のがん】体幹部定位放射線治療+標準治療

転移数が1〜5の人は標準治療に「体幹部定位放射線治療」を選択することで、生存期間、無増悪生存期間が延長する可能性がある。

「体幹部定位放射線治療」を選択することで、グレード2以上の有害事象を経験する可能性が高まる。試験では9%から29%に増加(p=0.026)。

【発表】

2019年4月11日

【試験名】

SABR-COMET(Phase 2)〔NCT01446744

【原著】

Lancet 2019; Apr 11.

【外部リンク】