【大腸がん:三次治療】「テセントリク+コビメチニブ」vs「スチバーガ」

2ライン以上の化学療法を受けてきた人が次の治療を考える場合、「テセントリクコビメチニブ」併用療法や「テセントリク」単剤治療を選択しても、「スチバーガ」単剤治療を上回る生存期間は期待しにくい。

グレード3または4の有害事象は「テセントリクコビメチニブ」併用療法を受けた61%の人で、「テセントリク」単剤治療を受けた31%の人で、「スチバーガ」単剤治療を受けた人の58%が経験した。主なグレード3または4の有害事象は、下痢(11%)、貧血(6%)、CPK上昇(7%)、倦怠感(4%)。

【発表】

2019年4月16日

【試験名】

IMblaze370(Phase 3)〔NCT02788279

【原著】

Lancet Oncol. 2019 ;20:849-861. [PMID: 31003911]

【外部リンク】