【肺がん(重度症状例):二次治療】「サイラムザ+ドセタキセル」vs「ドセタキセル」

プラチナベースの化学療法中または終了後に病勢が進行した人でも、「ドセタキセル」単剤治療に「サイラムザ」の上乗せを選択することで、生存期間および無増悪生存期間の延長が期待できるが、症状が重症の人でもその効果は期待できる。

重度症状例は、この分析では肺癌症状尺度(LCSS:Lung Cancer Symptom Scale) 平均症状負荷インデックス(ASBI:Average Symptom Burden Index)が中央値より高い人たち(HSB:high symptom burden)と定義された。

【発表】

2019年3月2日

【試験名】

REVEL(Phase 3)〔NCT01168973

【原著】

Lung Cancer. 2019;131:6-13. [PMID:31027699]

【内部リンク】