【乳がん:三次治療以降】トラスツズマブ デルクステカン(DS-8201)

カドサイラ治療歴のある人が「トラスツズマブ デルクステカン(DS-8201)」治療を受けた結果、60%の人で腫瘍が縮小し、20.7ヵ月間効果が持続していた。無増悪生存期間は22.1ヵ月であった。

治療を受けた人の82%の人が5ライン以上の治療を受けており、99%が「ハーセプチン」治療を受けたことがあり、86%が「パージェタ」治療を受けたことがあった。

主なグレード3以上の有害事象は、貧血(17%)、好中球数減少(14%)、白血球数減少(9%)、血小板数減少(8%)。

【発表】

2019年4月29日

【試験】

Phase 1〔NCT02564900

【原著】

Lancet Oncol. 2019;Apr 29. [PMID:31047803]

【内部リンク】