【腎細胞がん:一次治療】「テセントリク+アバスチン」vs「スーテント」

PD-L1陽性の人が初めての治療を考える場合、「テセントリクアバスチン」治療を選択することで、「スーテント」治療を選択した場合に比べ、無増悪生存期間の延長が期待できるが、生存期間の延長は期待しにくい。

テセントリクアバスチン」治療を受けた人の40%がグレード3または4の治療関連有害事象を経験した。「スーテント」治療を受けた人では56%が経験した。

【発表】

2019年5月9日

【試験名】

IMmotion151(Phase 3)〔NCT02420821

【原著】

Lancet 2019; 393 :2404-2415. [PMID:31079938]

【外部リンク】