【軟部肉腫:二次治療】「キイトルーダ+インライタ」

全身治療後に病勢が進行した軟部肉腫の人が「キイトルーダインライタ」治療を受けた結果、65.6%の人が3ヵ月時点で増悪なく、生存した。

特に歯槽軟部肉腫で効果が高く、3ヵ月無増悪生存率は72.7%であった。

主なグレード3または4の治療関連有害事象は、高血圧(15%)、自己免疫毒性(15%)、悪心・嘔吐(6%)、発作(6%)。

【発表】

2019年5月8日

【試験】

Phase 2〔NCT02636725

【原著】

Lancet Oncol. 2019 ;May 8.