【胃がん(ハーセプチン治療歴):三次治療】「オプジーボ」vs「プラセボ」

2ライン以上の化学療法を受けたことがある人が次の治療を考える場合、「ハーセプチン」治療歴がある人も、ない人も「オプジーボ」治療を選択することで生存期間の延長が期待できる。

【発表】

2019年5月13日

【試験名】

ATTRACTION-2(Phase 3)〔NCT02267343

【原著】

Gastric Cancer. 2019 May 13. [PMID:31087200]

【内部リンク】