【多発性骨髄腫:一次治療】「ダラザレックス+レブラミド+デキサメタゾン」vs「レブラミド+デキサメタゾン」

新たに診断され、移植不適格な多発性骨髄腫の人は、「レブラミドデキサメタゾン」に「ダラザレックス」の上乗せを選択することで、30ヵ月無増悪生存率の向上が期待できる。

レブラミドデキサメタゾン」に「ダラザレックス」の上乗せを選択することで、完全寛解率の向上が期待できる。試験では24.9%から47.6%に向上。

レブラミドデキサメタゾンダラザレックス」治療の主なグレード3または4の有害事象は、好中球減少症(50.0% vs 35.3%)、貧血(11.8% vs 19.7%)、リンパ球減少症(15.1% vs 10.7%)、肺炎(13.7% vs 7.9%)。

【発表】

2019年5月30日

【試験名】

MAIA(Phase 3)〔NCT02252172

【原著】

N Engl J Med 2019; 380:2104-2115. [PMID:31141632]

【外部リンク】