【慢性リンパ性白血病:一次治療】「ベネクレクスタ+ガザイバ」vs「クロラムブシル+ガザイバ」

併存疾患を有する人が初めての治療を考える場合、「ベネクレクスタガザイバ」治療を選択することで、2年無増悪生存率の向上が期待できる。

ベネクレクスタガザイバ」治療を受けた人の52.8%がグレード3または4の好中球減少症を経験した。「クロラムブシルガザイバ」治療を受けた人では48.1%が経験した。グレード3または4の感染症を経験した人は「ベネクレクスタガザイバ」治療を受けた人の17.5%であった(vs 15.0%)。

【発表】

2019年6月4日

【試験名】

CLL14(Phase3)〔NCT02005471

【原著】

N Engl J Med 2019; 380:2225-2236. [PMID:31166681]

【外部リンク】