【HER2陽性乳がん:術後治療(ハーセプチン)】「6ヵ月」vs「12ヵ月」

HER2陽性の人が手術後の「ハーセプチン」による補助療法の治療期間を考える場合、「6ヵ月」を選択しても、標準的な治療期間である「12ヵ月」に劣らない4年無病生存率が期待できる。

ハーセプチン6ヵ月治療」は、重度の有害事象が有意に少なく(19% vs 24%、p=0.0002)、心毒性による中止も有意に少なかった(3% vs 8%, p<0.0001)。

【発表】

2019年6月6日

【試験名】

PERSEPHONE(Phase 3)〔NCT00712140

【原著】

Lancet. 2019 ;393:2599-2612.  [PMID:31178152]

【外部リンク】