【HER2陽性乳がん:術後治療(2年DFS)】「ハーセプチン6ヵ月」vs「ハーセプチン12ヵ月」

HER2陽性の人が手術後の「ハーセプチン」による補助療法の治療期間を考える場合、「6ヵ月」を選択した場合、標準的な治療期間である「12ヵ月」に劣らない2年無病生存率は期待しにくい。

試験に参加した128人が心イベントを経験し、その119人(93%)は「ハーセプチン」投与中に発現した。12ヵ月の「ハーセプチン」治療を受けた人は6ヵ月治療を受けた人より有意に多く心イベントを経験した(5.7% vs 1.9%)。

乳癌診療ガイドライン2018年版』では、本試験の結果などに基づいて、「現時点では,トラスツズマブの投与期間は1年が標準である。」と推奨している。

【発表】

2013年6月11日

【試験名】

PHARE(Phase 3)〔NCT00381901

【原著】

Lancet Oncol. 2013;14:741-8. [PMID: 23764181]

【外部リンク】