【HER2陽性乳がん:術後治療(追跡期間:7.5ヵ月)】「ハーセプチン6ヵ月」vs「ハーセプチン12ヵ月」

HER2陽性の人が手術後の「ハーセプチン」による補助療法の治療期間を考える場合、「6ヵ月」を選択した場合、標準的な治療期間である「12ヵ月」に劣らない無病生存率は期待しにくい。

一方、英国で実施されたPERSEPHONE試験では6カ月投与の非劣性が示された。PERSEPHONE試験では、非劣性マージンは1.25と設定されており、本試験と試験デザインは類似しており、ハザード比も近いが、マージンが異なるため逆の結論となったと研究者らは言及している。

【発表】

2018年6月6日

【試験名】

PHARE(Phase 3)〔NCT00381901

【原著】

Lancet. 2019 ;393:2591-2598.  [PMID: 31178155]

【内部リンク】

【外部リンク】