【子宮体がん:術後治療】「化学放射線療法」vs「化学療法」

手術後の補助療法を考える場合、「化学療法」に「放射線療法」の上乗せを選択しても5年無再発生存率の向上は期待しにくい。

化学放射線療法」の選択によって、腟再発率、骨盤・傍大動脈リンパ節再発率の低下が期待できるが、逆に遠隔再発率が高まる。

化学放射線療法」を受けた人の58%(vs 63%)がグレード 3~5の有害事象を経験した。

【発表】

2019年6月13日

【試験名】

GOG 258(Phase 3)〔NCT00942357

【原著】

N Engl J Med 2019; 380:2317-2326. [PMID: 31189035]

【外部リンク】