【肺がん:二次治療】キイトルーダ

TPS≧1%で、既治療の人が「キイトルーダ」治療を受けた結果、TPS≧50%の人では、27%の人が治療に奏効した。「キイトルーダ」治療を受けた人の無増悪生存期間は3.9ヵ月、生存期間は19.2ヵ月であった。

キイトルーダ」治療を受けた全集団の29%がグレード3-5の有害事象を経験した。

国内Phase1b試験の結果。

【発表】

2019年2月16日

【試験名】

KEYNOTE-025(Phase 1b)〔NCT02007070

【原著】

Cancer Sci. 2019;110:1012-1020. [PMID:30618179]

【外部リンク】