【EGFR陽性肺がん:周術期治療】「タルセバ」vs「ジェムザール+シスプラチン」

EGFR遺伝子変異を有する人が手術前後の治療として「タルセバ」治療を選択することで、「ジェムザールシスプラチン」治療に対する奏効率の優位性を証明できてなかったが、無増悪生存期間の延長は期待できる。

【発表】

2019年6月13日

【試験名】

EMERGING-CTONG 1103(Phase 2)〔NCT01407822

【原著】

J Clin Oncol. 2019 Jun 13 [PMID:31194613]

【外部リンク】