【去勢抵抗性前立腺がん:一次治療】「スプリセル+ザイティガ+プレドニゾン」vs「ザイティガ+プレドニゾン」

去勢抵抗性となった人で、化学療法をまだ受けていない人が次の治療を考える場合、「ザイティガプレドニゾン」治療に第2世代Bcr-Abl阻害薬「スプリセル」の上乗せを選択しても、無増悪生存期間の延長は期待しにくい。

去勢抵抗性前立腺がんにおいて、アンドロゲン非依存性にSrcキナーゼが関与している可能性が指摘されており、SRCファミリー阻害作用も有する「スプリセル」を上乗せすることで、去勢抵抗性前立腺がんの進行を遅らせる可能性があると考えられていた。

スプリセル」は「慢性骨髄性白血病、再発または難治性のフィラデルフィア染色体陽性急性リンパ 性白血病」を効能・効果として承認されている。

スプリセルザイティガプレドニゾン」治療を受けた人では36%が奏効し、「ザイティガプレドニゾン」のみの治療を受けた人の奏効率17%より高かったが、統計学的有意な差ではなかった(p=0.39)。

【発表】

2019年3月19日

【試験】

Phase2

【原著】

Clin Genitourin Cancer. 2019 Mar 19. [PMID:31227432]