【HER2陽性またはHER2低発現胃がん/尿路上皮がん/子宮体がん】トラスツズマブ デルクステカン

何種類もの標準治療を受けてきた人が「トラスツズマブ デルクステカン(DS-8201)」治療を受けた結果、腫瘍が縮小した。奏効率は胃がんで6%、尿路上皮がんで25%、子宮体がんで39%であった。

前治療は3ライン以下は77%、4〜6ラインは23%であった。HER2発現はIHC3+が34%、IHC2+が36%、IHC1+が30%であった。

乳がんコホートを含む全集団における「トラスツズマブ デルクステカン(DS-8201)」治療の主な治療関連有害事象(グレード1〜4)は、倦怠感(33%)、結膜炎(31%)、ドライアイ(31%)。71%の人が眼の有害事象(グレード3:7%)を経験した。

【発表】

2019年6月27日

【試験】

Phase 1〔NCT02277717

【原著】

Lancet Oncol. 2019 Jun 27. [PMID: 31257177]