【大腸がん:維持療法】「ベクティビックス」vs「ベクティビックス+5-FU+ロイコボリン」

RAS野生型の人が8サイクルの「FOLFOXベクティビックス」療法後の維持療法を考える場合、「ベクティビックス5-FUロイコボリン」治療から「5-FUロイコボリン」の省略を選択することで、無増悪生存率の低下を招く。

ベクティビックス」単剤による維持療法を選択することで、維持療法期間中のグレード3以上の治療関連有害事象発現率を42.4%から20.3%に減少させることができた。

【発表】

2019年7月3日

【試験名】

Phase 2〔NCT02476045

【原著】

JAMA Oncol. 2019 Jul 3. [PMID: 31268481]