【腱滑膜巨細胞腫】「ペキシダルチニブ」vs「プラセボ」

手術非適応の症候性の人がCSF-1R阻害薬「ペキシダルチニブ」治療を選択することで奏効率の向上が期待できる。「ペキシダルチニブ」治療を受けた人の39%で奏効した(vs 0%)。

ペキシダルチニブ」治療を受けた人の13%が重篤な有害事象を経験した(vs 2%)。「ペキシダルチニブ」治療の主な有害事象は、毛髪変色(67%)、倦怠感(54%)、AST上昇(39%)、悪心(38%)、ALT上昇(28%)、味覚異常(25%)。

本試験の結果に基づいて、米国では2019年2月6日、欧州では2019年4月4日「腱滑膜巨細胞腫(TGCT)」の適応で承認申請させた。

【発表】

2019年6月19日

【試験名】

ENLIVEN(Phase 3)〔NCT02371369

【原著】

Lancet. 2019 Jun 19. [PMID: 31229240]

【外部リンク】