【肺がん:一次治療】「パクリタキセル(隔週投与)+カルボプラチン」vs「パクリタキセル(毎週投与)+カルボプラチン」

パクリタキセルカルボプラチン」治療においてパクリタキセルの治療間隔を考える場合、隔週を選択した場合、無増悪生存期間、生存期間は毎週を選択した場合よりやや短い。日本における臨床成績。

主な毒性は好中球減少症で、「パクリタキセル」の隔週投与では62.0%の人が経験し、毎週投与では57.8%の人が経験した。

【発表】

2019年7月22日

【試験】

Phase 2

【原著】

Oncologist. 2019 Jul 22. [PMID:31332099]

【外部リンク】