【子宮体がん:術後治療(5年OS:追跡期間72.6ヵ月)】「化学放射線療法」vs「放射線療法」

手術を受けた後の治療を考える場合、「放射線療法」に「化学療法(シスプラチンx2サイクル→カルボプラチンパクリタキセルx4サイクル)」の上乗せを選択することで、5年治療成功生存率および5年生存率の向上が期待できる。追跡期間(中央値)72.6ヵ月における分析結果。

5年の時点においてグレード3の有害事象を経験した人の頻度に両治療間に差はなかった(8%  vs 5%, p=0.24)。主なグレード3の有害事象は高血圧(2% vs 2%)。グレード2以上の有害事象を経験した人は化学放射線療法を受けた人有意に多かった(38% vs 23%, p=0.002)。

【発表】

2019年7月22日

【試験名】

PORTEC-3(Phase 3)〔NCT00411138

【原著】

Lancet Oncol. 2019 Jul 22. [PMID:31345626]

【内部リンク】

【外部リンク】