【慢性リンパ性白血病:一次治療】「イムブルビカ+リツキサン」vs「フルダラ+シクロホスファミド+リツキサン」

70歳以下の人が初めての治療を考える場合、「イムブルビカリツキサン」治療を選択することで、化学免疫療法(フルダラシクロホスファミドリツキサン)3年無増悪生存率、3年生存率の向上が期待できる。

イムブルビカリツキサン」治療を選択しても、「フルダラシクロホスファミドリツキサン」治療を選択しても、約8割の人がグレード3以上の有害事象を経験する可能性がある(80.1%  vs 79.7%)。「イムブルビカリツキサン」治療を選択することでグレード3以上の感染症を経験するリスクが低下する(20.3% → 10.5%, p<0.001)。

【発表】

2019年8月1日

【試験名】

E1912(Phase 3)〔NCT02048813

【原著】

N Engl J Med. 2019;381:432-443. [PMID: 31365801]

【外部リンク】