【EGFR陽性肺がん:一次治療】「アバスチン+タルセバ」vs「タルセバ」

EGFR変異を有する人が初めての治療を考える場合、「タルセバ」治療に「アバスチン」の上乗せを選択しても無増悪生存期間の延長は期待しにくい。

奏効率は、「タルセバアバスチン」治療を受けた人で81%、「タルセバ」治療を受けた人で83%であった(p=0.81)。

5例以上が経験したグレード3以上の有害事象は、皮疹(26% vs 16%)、下痢(9% vs 13%)、高血圧(40% vs 20%)、蛋白尿(12% vs 0%)。

【発表】

2019年8月8日

【試験】

Phase 2〔NCT01532089

【原著】

JAMA Oncol. 2019 Aug 8. [PMID:31393548]