【卵巣がん:一次治療(OS)】「オフェブ+パクリタキセル+カルボプラチン」vs「パクリタキセル+カルボプラチン」

初めての治療を考える場合、「パクリタキセルカルボプラチン」治療に「オフェブ」の上乗せを選択しても、無増悪生存期間の延長は期待できるが、生存期間の延長は期待しにくい。

長期間追跡においても「オフェブ」の上乗せの選択は、無増悪生存期間の延長は期待できる(ハザード比:0.86, 95%信頼区間 0.75-0.98; p = 0.029)。

【発表年】

2019年8月5日

【試験名】

GCIG/ENGOT/AGO-OVAR 12(Phase 3)〔NCT01015118

【原著】

Int J Cancer. 2019 Aug 5. [PMID:31381147]

【内部リンク】