【ER陽性乳がん:術前治療】「タセリシブ+フェマーラ」vs「フェマーラ」

HER2陰性、ER陽性の人が術前補助療法を考える場合、「フェマーラ」治療にPI3K阻害薬「タセリシブ」の上乗せを選択することで、病理学的完全奏効率の向上は期待しにくいが、奏効率の向上は期待できる。

奏効率はPIK3CA遺伝子変異のある人でより効果が高く、試験では「フェマーラタセリシブ」治療を受けた56%(vs 38%)の人で奏効した(OR 2.03, 95% CI 1.06–3.88; p=0.033)。

主なグレード3または4の有害事象は、「フェマーラ+プラセボ」治療を受けた人では血管障害(2%)、消化器症状(1%)、感染症(1%)を経験したのに対し、「フェマーラタセリシブ」治療を受けた人では消化器症状(8%)、感染症(5%)、皮膚障害(5%)を経験した。

日本における「タセリシブ」の開発は、有効性がCDK4/6阻害薬「イブランス」を上回れないと判断され、2018年7月に中止が発表されている。

【発表】

2019年8月8日

【試験名】

LORELEI(Phase 2)〔NCT02273973

【原著】

Lancet Oncol. 2019; 20: 1226-1238. [PMID:31402321]

【外部リンク】